サークル・教室・市民団体紹介

川崎市指定障害福祉サービス事業(就労継続B型事業所)NPO法人レジスト

NPO法人レジスト

 この4月、障害者雇用促進法が改正され、法定雇用率は企業が2・2%、国や地方自治体が2・5%になり、これまでより0・2ポイントずつアップした。また民間企業で働く障害者は昨年6月1日時点で前年比4・5%増の約49万5千人に上る。その内訳は身体障害者が約33万3千人で最も多く、知的障害者約11万2千人、精神障害者が約5万人。就労継続支援には、就労支援A型と就労支援B型の2種類があり、A型は雇用契約を結んで仕事を提供する形態、B型は、雇用形態を結ばずに仕事を提供する形態。

 障害者の働く場が少しずつですが進んでいますが、まだまだ低い雇用率といわねばなりません。そうした現状にあって2012年、「ともにはたらきともにつくろう」と、川崎市指定障害福祉サービス事業(就労継続B型事業所)「NPO法人レジスト」が、木月3丁目に誕生。事業所名のレジネスは、法人名のレジスト(取り戻す)とビジネスの合成語で、ビジネスを通して自分らしさを取り戻そうという思いを込めて命名。

 レジネスを立ち上げたのは、斎藤剛理事長。学生時代から自閉症の人をボランティアで支援し、卒業後は、社会福祉士として精神障害者の作業所などに勤務。設立の経緯、なすべき使命をこう話します。

 「立ち上げ前から精神障害者同士の支え合う自助グループのPeer(ピア)サポート活動をしてきました。レジストは、障害を抱えていても当たり前に働けるピアな社会づくりを目指しています。障害のある当事者自身が働いて稼げる場所に近い制度が就労継続B型事業でしたので、レジストを立ち上げたのです。人によって違いますが工賃は100円〜956円。地域の中で精神障害の方々が自分のことを開示して過ごせる場所が余りにも少ないと思っていましたので、設立して良かったと思っています。現在の従業員10名のうち7人が障害を持っている人で、当事者が運営に関わり、支援する人・支援される人という枠組みではなく誰もがやりたいことをやれる就労の場としています。地域の人から頑張っているねという声をかけていただけるようになりました」

NPO法人レジスト

 取材中に、今日のミーティングが始まり、体調や仕事の内容を確認し、コーヒー豆の焙煎作業を開始。フレグランスなコーヒーの香りが漂ってきます。工賃を払うための利益を生み出す事業作りも大切です。レジストはそのためにブレーメン通りに福祉アンテナショップ「BremenCoffee」を展開。自家焙煎のコーヒーを初め、全国から厳選した焼き菓子や梅干しなど全国の障害者施設で作られたイイモノを販売し、売り上げも倍増。事業所での焙煎が追いつかない日も出ています。取材させて頂いた日は雨模様で、作業しているスタッフに声をかけると、「天気により焙煎時間を微妙に変えています」という返答。ブレーメンブレンドを購入していただきましたが、ほどよい苦みと酸味とコクで一息つける優しい味のコーヒーでした。

 斉藤理事長は就労の場で大切にしていること、今後の課題について次のように語ります。

 「ここでは、働いている人をスタッフと呼んでいますが、ひとりひとりを主役に、働く意欲が向上する支援を大切にしています。事業所はミーティングの場としても利用されていますので、コーヒー豆の焙煎を事業とし、ブレンドの味もミーティングで決めました。事業では、ミーティングを大切に、体調管理や講座などによるステップアップを支援しています。精神障害は心の問題で見えにくいので、どんなことに苦しんでいて、体調はどうなのかを話して確認し、各自がやりたいこと、自主性を重んじています。課題はたくさんありますが、スタッフの声を大切にしながら場づくりに力を注いでいきたいと思っています」

NPO法人レジスト

 スタッフのひとり高木良さんは地元在住。ピアサポート専門員要請研修を終了しコーヒー製造管理者として週4日働き、4年が経ちます。「働き始めたときは、施設利用者のような感覚だったのですが、段々と体で覚えていくと仕事が楽しくなりました。レジネスが生きがいになっています」と応じてくれました。

 当事者主体の観点から福祉の現場に新地平を拓こうとしているレジスト。障害の有無を越えて地域の居場所づくりに参加してみませんか。香り豊かなコーヒーを楽しみながら。

<基本情報>

川崎市指定障害福祉サービス事業(就労継続B型事業所)NPO法人レジスト

(2012年9月設立 法人理事長・所長:斉藤剛)

◆設立目的/障害を抱えた方に対し、自主製品販売促進や就労支援などを通して、障害を持っていても地域社会の一構成員として当たり前に働き、共に働く喜びを感じることで生活の質の向上を図り、障害者福祉増進に寄与する

◆事業(活動)目的/

障害者総合支援法に基づく、障害者福祉サービス事業

@レジネス=主たる障害:精神障害者 利用対象:精神科通院されており、週2日以上通える方(精神障害者手帳をお持ちでなくてもご利用可)業務:コーヒー豆焙煎や販売に関する業務が中心、精神疾患に特化したミーティングなど週1回程度実施。就労スタッフ10人)

問い合わせ=〒211-0025 中原区木月3-59-22

電話 044-948-8443

Fax: 044-948-8443 

HP(http://resistnpo.com/wordpress/

Email(info@resistnpo.com

ABremen Coffee(Socialworkshops)=2017年リニューアルオープン。店舗販売接客業務中心(品出し・販売・接客など) 

営業時間11:00〜18:00(土・日は11:00〜19:00) ※水曜定休 

問い合わせ=〒211-0025 中原区木月3-8-20(モトスミ・ブレーメン通り商店街)  

電話 044-863-8360


TOP タウンニュース お店紹介 サークル紹介 イベント情報 読者の声 古紙回収 お問い合わせ