イベント情報募集中!

第16回 おと絵がたり本公演 中原市民館ホール

第16回おと絵がたり

【日時】6月16日(土)

・昼の部 13:30開場 14:00〜15:00開演

・夜の部 18:00開場 18:30〜19:30開演

 

【入場料】無料 

※各回先着375人

 

【演目】「貧乏神と福の神」他

 

 

 

★主な演目の紹介(対象年齢:すわってお話が聞ける幼児から大人)

●「たまがわのフクロウの話」絵巻 地域の昔話 約10分

昔、多摩川の等々力の森にはフクロウ達がたくさん暮らしていました。フクロウ達の鳴く声が、あまりにうるさいので、おじいさんは怒って、とんでもないことをします。人と自然のつながりを感じる、ほのぼのとしたお話です。

 

●「おさんぎつね」広島の昔話 約17分

いたずら狐の『おさん』は、村人を化かしたり、じいさまの魚を横取りしたりと、気ままに暮らしておりました。ある日、調子に乗った おさんは、讃岐の十兵衛狸に挑戦状を送りつけますが、やってきたのは見上げるような大狸…さあ、大変!…広島の昔話です。

 

●「貧乏神と福の神」絵巻 日本の昔話 約15分

汚い暮らしをして貧乏神が住み着いた長吉の家。そんな家にも嫁さんがやってきて、暮らし向きが良くなります。さて貧乏神はどうなるのでしょうか?

 

★「おと絵がたり」とは?

オリジナルの絵と語りと音楽で物語の世界を表現します。また、他では見られない絵巻を使った表現をします。お話の中の「心のごちそう」を多くの人に伝え、分かち合います。このような活動を行うことにより、様々な人とつながり、温かみのある「まちづくり」に貢献しています。2003年より小学校や市民館、こども文化センター等で公演やワークショップを行っています。詳しくはホームページをご覧ください。

ホームページ(http://www.cl.bb4u.ne.jp/~otoe-net/

facebookページ(https://www.facebook.com/otoegatari/

 

賛助会員募集中

おと絵がたりの活動を応援してください!

公演や研修会などのご案内を送らせていただきます。


【お問い合せ】

otoestage-qanda@mail.goo.ne.jp

 

中原市民館ホールアクセス

●JR南武線「武蔵小杉駅」下車

北改札(南武線口)・東口より 徒歩3分

●JR横須賀線「武蔵小杉駅」下車

新南改札(横須賀線口)より徒歩4分

●東急東横線・目黒線「武蔵小杉」下車

南口より徒歩4分

 

(注)

小学生以下のお子様は保護者の方とご来場ください。

会場が暗くなりますので、小さなお子様の安全には、保護者の方が充分お気を付けください。

自動車でのご来館はご遠慮ください。

駐輪場に限りがあります。なるべく徒歩でお越しください。


TOP タウンニュース お店紹介 サークル紹介 イベント情報 読者の声 古紙回収 お問い合わせ