補聴器とコミュニケーションの講座

聞こえないのはあなたひとりだけではありません! 聞こえづらい=難聴は認知症の危険因子です!

 

<思い当たることはありませんか?>
・テレビのボリュームが大きいといわれる。
・宅配便が届いてもチャイムが聞こえない。
・音は聞こえるが言葉が聞き取れない。
・大勢で話していると、言葉が聞き取れない。
・話の聞き返しが多くなった。

難聴は放置してはならないのです。補聴器について、聞こえの低下を補う方法について同じ聞こえに悩む仲間と一緒に学びましょう。

 

【日時】2月1日・8日・15日・22日(毎週金曜日連続4回)
午後2時〜4時
【会場】川崎市国際交流センター
(川崎市中原区祇園町2-2第4・5会議室)

※東急東横線「元住吉」駅より徒歩10分
【対象者】川崎市在住・在勤の耳の聞こえにくい方やその家族、関係者
【参加申込】
電話・FAX・ハガキにて1月25日(金)までにお申し込みください。
【主催・お申込み・お問合せ】
川崎市聴覚障害者情報文化センター
川崎市中原区井田三舞町14-16
電話044-798-8800 FAX044-798-8804
http://www.joubun.net/

 

<補聴器とコミュニケーションの講座のご案内>

★2/1・2/8(金)
補聴器の基本的な知識、機種、利点と欠点、利用目的に合った補聴器の選び方や上手な使い方などを学びます。補聴器についての質問を受け、疑問に答えます。
(講師)川崎市障害者更生相談所 言語聴覚士 真後 理英子 氏

 

★2/15(金)
・聞こえない先輩の体験談を聞く。
・読話(どくわ):<話し手の口形を見るコツをつかみ、聞き漏れを補う方法>
・手話:<簡単な手話を覚えることで聞き間違いを減らす>
(講師)特定非営利活動法人 川崎市中途失聴・難聴者協会(読話・手話勉強会)

 

★2/22(金)
・聞こえを助ける機器の案内
・市内の当事者団体(特非)川崎市中途失聴・難聴者協会の紹介
・川崎市聴覚障害者情報文化センターの紹介
(講師)巨逞「福祉情報センター 特定非営利活動法人/川崎市中途失聴・難聴者協会/川崎市聴覚障害者情報文化センター