「川崎市平和館見学会」に参加しました。

「川崎市平和館見学会」に参加しました。

 平和と冠する博物館は全国各地に存在します。川崎市には、〈平和都市の創造と恒久平和の実現に寄与するために設置〉された「川崎市平和館」が、木月住吉町にあります。

 川崎市が「核兵器廃絶平和宣言」を行ったのは1982年。翌年に中原平和公園が開園、92年にはその一角に「川崎市平和館」が開館しました。
日本は平和博物館大国で、世界の四分の一が日本にあります。その中でも、川崎市平和館は平和学的なデザインで平和教育を意識した施設として作られました。

展示物を解説する暉峻僚三さん

 「川崎市平和館見学会〜施設見学とおはなし〜」(主催=日吉分館市民実行委員会・川崎市教育委員会)が、2016年11月29日(火曜)、開かれました。

 当日の会場には、「平和を考える」導入部から始まり、平和にまつわる発言・格言が貼り出されていました。1階の屋内広場では、肉体的な暴力だけではなく、貧困や差別、劣悪な労働、環境問題など、不安全を生み出すさまざまな暴力にさらされる人々に焦点をあてたパネル「写真展 不安全な人々」が展示。ここでも平和学的に社会を見る視座が提示されています。

 同館専門調査員の暉峻僚三さんは、「暴力が発生するのは、人それぞれの潜在的可能性を阻害する主体もしくは可能性がある時。行為としての暴力は直接的暴力の背景に構造的暴力があることが多いです。行為としての暴力に正当性を与える装置としての文化的暴力があります」と指摘。参加者はそれぞれ平和への思いを胸に、暉峻さんの「平和館の平和学に沿ったデザイン」の解説に熱心に耳を傾けました。最後に暉峻さんは、「自分ごととして、平和を壊す問題との関係性を考えながら平和館を見学してみましょう」と結びました。

 

川崎市平和館

川崎市平和館

◇住所:中原区木月住吉町33番1号

◇TEL:044-433-0171

・開館時間:午前9時〜午後5時(会議室利用は午後9時30分まで)

・入館無料(会議室は有料)

・休館日:月曜日、第3火曜日(祝日の場合はその直後の平日)、年末年始(12月29日〜1月3日)

関連ページ

研修会「赤羽末吉の人生と絵本」から
さくらスタッフが取材した身近な地域情報をお届けします♪
「ボランティアは元気の素 地域で活かせる自分になる」
さくらスタッフが取材した身近な地域情報をお届けします♪
「第13回なかはら市民活動の集い なかはらっぱ祭り」開催
さくらスタッフが取材した身近な地域情報をお届けします♪

TOP タウンニュース お店紹介 サークル紹介 イベント情報 読者の声 古紙回収 お問い合わせ