タウンニュース

中原区文化協会主催「第47回中原区文化祭」が開催されました。

中原区文化祭

 10月24日(土)・25日(日)の二日間にわたり行われた同イベント、この日はコスギフェスタの開催日でもあり、会場の中原市民館をはじめとした武蔵小杉駅周辺は非常に多くの人で賑わっていました。

 芸能の部、展示の部、茶会席、菊花展の部(菊花展のみ10月27日〜11月15日、等々力緑地公園にて開催)とバラエティーに富んだ作品が数多く披露された中原区文化祭。中原市民館2階ホールでは、大正琴、舞踊、民謡、合唱などのステージ、1階ギャラリー、各会議室では、生け花、書道、写真、織物、陶芸などが展示されており、集まった人たちの目を楽しませていました。

 主催の中原区文化協会は、中原区の文化団体相互の緊密な連絡協調を図るとともに各種の文化活動を振興して市民文化の向上に資することを目的として日々活動を行っています。川崎市の文化協会の中で一番歴史が古く、会員の皆さんのも意欲も高い。

 文化協会副会長の高島さんは、「あちこちお祭り騒ぎの本日、お忙しい中足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。おかげさまで毎回盛況で充実した文化祭を開催できております。中原区文化協会は、100パーセント地元の方たちで頑張っている会です。応援していただけたら嬉しく思います。合わせまして是非ご入会もお待ちしております」とお話し下さいました。

 入会はどういうジャンルでも大歓迎とのこと。ご興味のある方は、お気軽に中原区文化協会(044-433-7773 中原市民館内 火曜日13時〜)までお問い合わせ下さい。


TOP タウンニュース お店紹介 サークル紹介 イベント情報 読者の声 古紙回収 お問い合わせ