タウンニュース

第5回コスギフェスタ開催!!

コスギフェスタ

 イベント盛りだくさんだったこの秋の中原区で、最も盛り上がったイベントの一つが今年で5回目となる「コスギフェスタ」です。

 例年は1日のみ開催されていたコスギフェスタが、今年は10月23日の前夜祭から25日まで3日間行われ多くの人が集まりました。

 急ピッチで新しく生まれ変わっている武蔵小杉だからこそ、「ここに住むすべての子どもと大人たちにとって、ふるさとの思い出をつくりたい」という地域住民の熱い思いからスタートしたこのコスギフェスタ。昨年まではハロウィンのスタンプラリーなどがメインの子ども達向けのイベントでしたが、今年は大人にも楽しんでもらおうと前夜祭の「武蔵小杉カレーエキスポ」から始まり、会場となったこすぎコアパークのメインステージでは様々なアーティストによるライブイベントも行われました。

 2日目は、例年同様「仮装して楽しもう!」をテーマに、スタンプラリーや仮装コンテスト、仮装パレードが行われ、「普段は出来ない仮装が出来て嬉しい!!お菓子も貰ったよ!!」と楽しそうに駆け回るたくさんの子ども達で溢れていました。

 そして最終日の3日目には、日本事務椅子レース協会主催の全国各地で行われている「いす-1グランプリ」が関東で初めてここ武蔵小杉で開かれました! これはこすぎコアパーク前の公道特設コースを「事務椅子」に座って2時間で何周走れるかを競う耐久レース。こちらの大会には地元の消防団などが参加し会場を盛り上げていました。

 コスギフェスタの座長さんを始めとした実行委員の皆さんは「毎年こうやってコスギフェスタを開催できるのも、すべては地域の皆様のおかげです。再開発が進む中、住民の皆様が主体となって街全体を盛り上げてくれているからこそ成り立っているのだと強く感じます。『なりたい自分になれる街』をモットーにこれからもこの街ならではの独自のカルチャーを皆様とともに探していきたいと思っています」とメッセージを下さいました。

 進化を続けるコスギフェスタからこれからも目が離せません。武蔵小杉の街の未来を見せていただいた、そんな素敵な3日間でした。


TOP タウンニュース お店紹介 サークル紹介 イベント情報 読者の声 古紙回収 お問い合わせ