タウンニュース

「なかはらパンジー体操学習会」が開催されました。

パンジー体操

 11月24日、25日の2日間、中原区役所別館講堂にて、なかはらパンジー体操学習会が開かれました。

なかはらパンジー体操とは、高齢者がいつまでも健やかに自立した生活を営めることを目的として平成22年に作られた中原区のご当地体操です。

 学習会当日は、医療法人清心会藤沢病院の石井千恵先生、地域包括支援センターこだなかの加藤まゆみさんの講義のあと、約30名の参加者の皆さんが、なかはらパンジー体操を実際に体験。音楽に合わせて体を動かすのはとても気持ちがよく、会場のあちこちから「楽しい」「面白い」「また参加したい」との声が多く聞かれました。

 体操内容は「ストレッチ編」「リズム編」「リラックス編」の3部構成で、誰でも無理なくストレッチや筋トレが行えるのが特徴です。指導を担当したのは、なかはらパンジー体操普及のためボランティアとして結成された「パンジー隊」の皆さん。

 パンジー隊代表の田中さんは、「何かに興味を持って一歩踏み出す。パンジー体操をそのきっかけにして下さい。体を動かして健康になれるだけでなく、パンジー体操を通して顔見知りやお友達もたくさんできますよ。皆さんが笑顔で楽しく暮らしていくお手伝いができればこんなに嬉しいことはありません」とお話し下さいました。

なかはらパンジー体操は毎月1回中原区内のいこいの家で行われています。ご興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。


TOP タウンニュース お店紹介 サークル紹介 イベント情報 読者の声 古紙回収 お問い合わせ