タウンニュース

「NAS2016」開催!!

NAS2016

 2月20日(土)、中原市民館にて「なかはらアクトストリート2016」が開催されました。

 なかはらアクトストリート(通称NAS)は、市民館全館を様々な表現がクロスするストリートに見立て、中原区内で表現、舞台活動を行っている市民グループに発表の場を提供し、観客参加型のコンサートやワークショップを通じて、文化の復興や市民の交流を図ることを目的に、2009年から毎年開催されている大型イベントです。

 当日はあいにくの雨にもかかわらずイベントは終始大盛況。ダンスやミュージカルの行われたホールはもちろん、ギャラリー、エントランスでの展示やワークショップ、音楽室でのコンサートなど、どのブースも多くの人で溢れていました。

 NASを企画、運営するのは、参加した各団体から1名ずつ委員を選出し結成された、なかはらアクトストリート実行委員会の皆さんです。今年は昨年に引き続き、中原区を拠点に活動する和太鼓チーム「和太鼓祇園」の河田拓朗さんが実行委員長を務められました。 「多くの文化イベントが行われている中原区ですが、これだけジャンルの違うアーティストが一堂に集うイベントは他にありません。今年は過去最多の参加応募がありそのすべての方に出演いただきました。残念ながらNASは今年が最後の開催となります。最高のフィナーレを迎えるべく、例年以上に力を入れて準備を行い、稽古を重ねてまいりました。出演者一同、感謝の気持ちを込めて精一杯パフォーマンスさせていただきます。8年間、遊びに来て下さった皆様、参加して下さった皆様、職員さんを始めとしたスタッフの方々、そしてNASを愛し、一緒に盛り上げ応援していただいた地域の皆様、本当にありがとうございました」

NASに参加し、多くのことを学び、大切なものが増えたという河田さん。この経験を活かしてこれからも様々な活動に取り組んでいきたいとお話し下さいました。

 ご来場者、出演者、すべての皆さんの晴れやかな笑顔が印象的な、素晴らしいイベントでした。


TOP タウンニュース お店紹介 サークル紹介 イベント情報 読者の声 古紙回収 お問い合わせ