タウンニュース

「プロが伝授! お好み焼き教室」が開かれました。

――寒いこの季節、お好み焼きが美味しいですね。家でお好み焼きを上手に作るには……

お好み焼き教室

 「プロが伝授! お好み焼き教室」が、11月17日(木曜)、サライ通りにある「伊鈴」で開かれました(主催=中原区役所地域振興課・中原区商店街連合会)。「伊鈴」は、地元で愛されているお好み焼き・鉄板焼きの老舗。プロの味を伝授するのは「伊鈴」3代目の鈴木圭さんと杉井健さん、お二人は同級生だそうです。お好み焼きのレシピを示し、15人の参加者と一緒に作っていきます。

 材料を混ぜ焼いていくと、ふわふわのお好み焼きが出来上がります。

 お好み焼きにソース、マヨネーズをぬるのは定番ですが、鈴木さんは、「自然薯入りのお好み焼きにはわさび醤油があいます」と言って、すりおろしのわさびも提供。皆さん、この食べ方を気に入り「初めてわさびをつけて食べたのですが、まるで刺身を食べているようで美味しいです」と、大好評でした。

 関西出身の参加者の方は、「大阪のお好み焼きとどう違うのかを知りたくて参加しました。自然薯の香りが立っていてとても美味しいです。目の前でプロの技を見ることができ勉強になりました。早速自然薯を買って家で作ってみます」と話す。

 ニコニコしながら食べているお子さんを見ながら、「この子がお好み焼きが好きなので習いたかったの。みんなでお好み焼きパーティをしたいですね」と話してくれた母親。

 鈴木さんは、「地元のお母さんたちと触れ合え、楽しい時間でした。『伊鈴』の味が家庭での参考になれば嬉しいです」と言う。

 杉井さんは「自然薯入りのお好み焼きを提供している店は多くないので、皆さんに知ってもらえて嬉しいです」と話します。

 プロ直伝の技と味を堪能することができた「お好み焼き教室」でした。


TOP タウンニュース お店紹介 サークル紹介 イベント情報 読者の声 古紙回収 お問い合わせ