タウンニュース

中原市民館かわさき市民活動センターにて「ごえん楽市」が開催されました

入り口の様子

 1月28日(土曜)、中原市民館かわさき市民活動センターで「ごえん楽市」が開催されました(主催・公益財団法人かわさき市民活動センター)。

 「ごえん楽市」は、川崎市内でボランティア・市民活動をしている様々な市民団体がその活動内容を紹介するフェアのことで、年に1度だけ開催されています。1983年の「第1回ボランティア交流会」以来、約30年にわたってさまざまな形で継続されてきました。今年は82もの団体が集い、朝から夕方まで賑わっていました。

 1Fでは川崎市内で収穫された野菜や市内の施設による手作り品などが販売されており、2Fの多目的ホールでは50以上の団体がパネル展示によって各団体の活動内容を紹介していました。川崎市が抱える身近な問題を解決しようと尽力している団体や、被災地支援をしている団体など実に多様です。

 ホール外の各部屋には、親子一緒の料理教室や楽器の演奏体験、体操、歌など参加者体験型のものも多くありました。

地域の問題を認識し主体的に取り組んでみたい方や、新しい趣味を発見したい方など、さまざまな人にとって楽しむことができるイベントでした。

関連ページ

脳が喜ぶ! 心が笑う!「りんごの量感画」を体験しました
さくらスタッフが取材した身近な地域情報をお届けします♪
さらば腰痛! いい加減卒業しましょう。「整体バイタルあきやま」
さくらスタッフが取材した身近な地域情報をお届けします♪
「インフルエンザ対策〜お子様を守るために」
さくらスタッフが取材した身近な地域情報をお届けします♪

TOP タウンニュース お店紹介 サークル紹介 イベント情報 読者の声 古紙回収 お問い合わせ